くすみの予防・解消には化粧品だけではダメ【洗顔石鹸の選び方】

くすみの予防に、おすすめの理由

フラーレンが紫外線や老化、乾燥によるくすみを解消

紫外線が肌に当たると活性酸素が増えます。活性酸素が増えるとメラニンが多くなり、くすみやシミの原因となります。

フラーレンは、活性酸素を無害化する効果がビタミンCの125倍もあるので、紫外線によるシミを防いだり、老化を防ぎます(アンチエイジング効果)。

さらに、コラーゲンを生成促進作用がプラセンタの800倍もあり、乾燥くすみを改善します。


リピジュアとマリンコラーゲンが潤いを与え、肌を老化から守る

リピジュアはヒアルロン酸の2倍以上の保湿効果があり、水で洗い流した後も角質保護効果が持続します。水分が蒸散するのを防ぎ、潤いを閉じ込めます。また、高いバリア効果があり、健全なターンオーバーを促します。

さらに、通常のコラーゲンよりも肌への吸収率がケタ違いに高いマリンコラーゲンを配合。肌の老化を防ぐ手助けをします。

これらの効果で乾燥や老化によるくすみを予防します。


美容成分たっぷりのハチミツ

ハチミツは、美肌成分やミネラルなどを豊富に含んでいます。

それだけでなく、石鹸にハチミツを配合すると、泡がきめ細かく割れにくくなる特徴があります。

泡がきめ細かいと、毛穴の奥まで入り込み、毛穴の黒ずみや古くなった角質汚れを取り除いてくれるのです。

この効果により、毛穴の汚れや角質汚れによるくすみを予防します。